何贈る?結婚のお祝いギフト

記事検索
記事一覧

結婚のお祝いギフト

何か良いことが合った人に対して、お祝いギフトを贈る機会は多いと思います。
例えば、友人や親戚などが結婚すると聞けば、何か結婚のお祝いギフトを送りますよね。
誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどは、自分の自由に選んで渡しても問題無いのですが、結婚のお祝いギフトになるとそういう訳にもいきません。
結婚のお祝いギフトの品物選びや贈る時期を考える必要がでてきます。
結婚のお祝いギフトでまず悩むのが、現金にするか物品にするかでしょう。
一般的には、現金を贈るケースが多いようです。
やはり、結婚式や新しい生活に向けてお金がかかることを考えて、現金の方が良いと考える人が多いのでしょう。
とはいえ、物品だけ贈る人もいますし、現金と物品の両方を贈る人もいます。
結婚のお祝いギフトなので、本来は「結婚おめでとう!」という気持ちが相手に伝わりさえすればOKなのです。
しかし、結婚のお祝いギフトには贈り方に、ちょっとしたルールがあるので注意が必要です。
まずは、贈る品物の金額についてです。
友人の結婚の場合の相場は、3万円前後だと言われています。
現金と合わせても良いので、現金で1万+品物で2万という形でもOKです。
何人かでお金を出し合って高価な品物を贈るのも良いと思います。
ただし、贈り物の品数には注意が必要です。
結婚祝いのようなお祝いごとの場合には、奇数が基本です。
そして、死を連想させる4個と苦を連想させる9個は避けた方が無難です。
また、ペアとかダースは1組と考えるのでOKです。
次に、結婚のお祝いギフトを送る時期についてです。
品物の場合も元気の場合も、遅くても1週間前までに持参しましょう。
どうしても披露宴当日にしか渡せない場合には、目録を持参しましょう。
最後は、結婚のお祝いギフトの贈答様式についてです。
品物にはお祝いのメッセージを付け、のし紙をつけて送ります。
本格的な水引を掛ける人も多いと思います。
この場合、水引は金銀(7本か10本)で結切りを用いるのが基本になります。
Copyright (C)2016 何贈る?結婚のお祝いギフト All Rights Reserved.